「ブラックサンダーあん巻き」の誕生

 「ブラックサンダーあん巻き」を発売するきっかけは、他社のコラボ商品を見て、意外な組合せに驚き、興味を持ったのが始まりでした。「これは、うちのあん巻きでもできるのではないか…?」

 さっそく有楽製菓さんに問い合わせたところ「地元地域の皆さんに喜んでいただけるのなら協力しますよ。」と快く応じていただき、コラボ企画がスタートしました。

 

 9月の試作からスタートして、有楽製菓さんと当社と何度も打合せを重ねました。商品の味、ザクザクの食感はもちろん、見た目、帯のデザインから焼印の稲妻の角度までお互いに率直に意見を出し合い、その意見を参考に当社の商品開発担当、デザイン担当が何度も改良を重ねて仕上げました。

 

 一番折り合いが難しかったのが「チョコレート味の濃さ」でした。有楽製菓さんはチョコレートメーカーで、主力のブラックサンダーへの思い入れはとても強くあります。「ザクザクの食感は良いけれど、もう少しチョコレート味が濃い方が良い。」と希望されました。逆に当社は和菓子屋です。「もっちりあん巻き」も当社の主力商品です。「もっちり皮と中身のバランスを考えるとこのくらいの加減の方が良いのでは…。」とお互いの立場の違いからの意見の相違などもありましたが、無事に11月1日に発売することができました。

 

 私の食べた実感ですが、出来上がった「ブラックサンダーあん巻き」は和菓子でもなく、洋菓子でもなく、全く新しいお菓子になったと感じました。ザクザク、もっちりは体験したことのない食感です。和菓子業界からみたら異物でクレームものです。
 和菓子は美味しさはもちろんのこと、見た目・口当たり・香りのバランスが大切です。この菓子はチョコが入っただけでなく、ザクザク・もちもちの食感も含めて、今までにないお菓子に仕上がったと自負しています。
 最近この「ブラックサンダーあん巻き」を買いに、あまり和菓子屋に縁のなかった若い世代や男性の方が多く来店されます。若い方の評判になっていることを考えると、今までの和菓子にはなかった「ザクザクとかみ砕く快感」も、大切な食感の一つだと気付かせていただきました。

 

 和菓子に新しい風が吹いた気がします。和菓子屋として今回のコラボは大変な苦労もありましたが、とても貴重な体験と勉強をさせていただきました。有楽製菓さんの「地域貢献」への想いを大切にしつつ、地元「豊橋・東三河限定のお菓子」として育てていきたいと思っています。

 

  平成29年11月29日  

  お亀堂 代表取締役 森 愼一郎 

9月16日は敬老の日です。

9月16日は敬老の日です。
いつまでも元気でいてほしい「おじいちゃん・おばあちゃん」にほっとする和菓子を送りましょう

毎年大好評。

お亀堂の上生菓子「おじいちゃん、おばあちゃん」
職人さんがすべて手作り、まごころ込めて作っています。
そのため、一つ一つ顔が違います。

数量限定の発売になるので、お早めにお買い求めください。
また、敬老の日用のラッピングやあん巻きもあるので是非一度ご来店ください。

 

紅白の特注紅白まんじゅうご注文承ります。

1箱2ケ入 450円(径 6cm)

1箱2ケ入 650円(径 7cm)

1箱2ケ入 980円(径 8cm)

大きさ、ご予算などご要望によりご相談させて頂いております。

9月13日は中秋の名月 十五夜です

たまにはゆったり眺めて見ませんか。

9月13日は中秋の名月 十五夜です。

 

〇「十五夜」ってそもそもなんだっけ?

旧暦の15日頃に見られる月が「十五夜」です。

月の満ち欠けを元にしている旧暦では、新月の日が1日。だいたい15日頃が、満月に当たります。15日は毎月ありますから、「十五夜」も毎月あります。

毎月ある十五夜ですが、空気が澄んできれいな月が見られ、実りの時期でもあることから、いわゆる「十五夜」というと、この時期(旧暦8月)の十五夜をさすようになりました。

 

❍中秋の名月ってなに?

中秋」とは、秋の真ん中という意味。旧暦では7月・8月・9月が秋にあたります。その真ん中は8月15日。なので「中秋の名月」とは旧暦8月15日の月をさします。

いわゆる「十五夜」「中秋の名月」も、どちらも旧暦8月15日の月をさしています。今年2019年の十五夜(中秋の名月)は、9月13日(金)です。この日にはもう秋も真ん中なんですね。

 

 

◑お亀堂では9月7日から月見団子を販売

月見団子は穀物の収穫に感謝して米を粉にして月に見立てて丸めに作りお供えした事がはじまりと言われています。

 

秋のみのりに感謝してお月さまを見ながら食べて見てください。。