9月13日は中秋の名月 十五夜です

たまにはゆったり眺めて見ませんか。

9月13日は中秋の名月 十五夜です。

 

〇「十五夜」ってそもそもなんだっけ?

旧暦の15日頃に見られる月が「十五夜」です。

月の満ち欠けを元にしている旧暦では、新月の日が1日。だいたい15日頃が、満月に当たります。15日は毎月ありますから、「十五夜」も毎月あります。

毎月ある十五夜ですが、空気が澄んできれいな月が見られ、実りの時期でもあることから、いわゆる「十五夜」というと、この時期(旧暦8月)の十五夜をさすようになりました。

 

❍中秋の名月ってなに?

中秋」とは、秋の真ん中という意味。旧暦では7月・8月・9月が秋にあたります。その真ん中は8月15日。なので「中秋の名月」とは旧暦8月15日の月をさします。

いわゆる「十五夜」「中秋の名月」も、どちらも旧暦8月15日の月をさしています。今年2019年の十五夜(中秋の名月)は、9月13日(金)です。この日にはもう秋も真ん中なんですね。

 

 

◑お亀堂では9月7日から月見団子を販売

月見団子は穀物の収穫に感謝して米を粉にして月に見立てて丸めに作りお供えした事がはじまりと言われています。

 

秋のみのりに感謝してお月さまを見ながら食べて見てください。。