お彼岸おはぎ

お彼岸のご案内

9月18日~25日はお彼岸です。

お彼岸の食べ物といえば、「おはぎ」。あんこに使われる「あずき」は古くから悪いものを追いはらう効果があるとされてきました。お彼岸に、あずきを使った食べ物を食べたり、ご先祖様に感謝することは、自然への感謝やお祈りとも深く結びついています。

 

お墓は、ご先祖様が眠るとても大事な場所です。

お彼岸の期間中には家族みんなでお墓参りに行き、ご先祖様への感謝の気持ちましょう。

 

●お亀堂では、朝づくりの出来立てのおはぎをご用意しております。

添加物などが入っていない本物の味を是非ご堪能ください。

 

●お彼岸おはぎ

「つぶあん」「ごま」「きなこ」「こしあん」の4種類

1ヶ 160円(税込)

●お彼岸団子 大 450円 小260円

 

10月1日は中秋の名月 十五夜です

たまには家族でゆったりお月様を眺めて見ませんか。

10月1日は中秋の名月 十五夜です。

〇「十五夜」ってそもそもなんだっけ?

旧暦の15日頃に見られる月が「十五夜」です。

月の満ち欠けを元にしている旧暦では、新月の日が1日。だいたい15日頃が、満月に当たります。15日は毎月ありますから、「十五夜」も毎月あります。

毎月ある十五夜ですが、空気が澄んできれいな月が見られ、実りの時期でもあることから、いわゆる「十五夜」というと、この時期(旧暦8月)の十五夜をさすようになりました。

 

❍中秋の名月ってなに?

中秋」とは、秋の真ん中という意味。旧暦では7月・8月・9月が秋にあたります。その真ん中は8月15日。なので「中秋の名月」とは旧暦8月15日の月をさします。

いわゆる「十五夜」「中秋の名月」も、どちらも旧暦8月15日の月をさしています。今年2020年の十五夜(中秋の名月)は、10月1日(木)です。この日にはもう秋も真ん中なんですね。

 

 

◑お亀堂では9月26日から月見団子を販売

月見団子は穀物の収穫に感謝して米を粉にして月に見立てて丸めに作りお供えした事がはじまりと言われています。

秋のみのりに感謝してお月さまを見ながら食べて見てください。

お月見限定の愛らしい和菓子を販売します

【十五夜】※お月見限定上生菓子

底には夜空に見立てた青紫の道明寺、錦玉羹に丸いお月さまを眺めるうさぎを表現しました。

【月うさぎ】

こし餡を練り切りあんで包んだかわいい白うさぎ

【月見団子】

紅白で俵型のほんのり甘いすあまの団子

お亀堂岩田店にて感謝セールを開催します。

お亀堂岩田店では日頃のご愛顧に感謝して今年も「秋の感謝祭」を開催!!

今回はセール限定品「とろ~りチーズあん巻き」を期間限定で販売します。

とろ~りチーズあん巻きはそのままでも美味しいですが、レンジで温めるとチーズがとろ~り、皮がふわふわになります。

 

この他にも、あん巻きやお赤飯、お団子がお買い得価格になったり、実演販売も行います。

この機会にぜひお亀堂岩田店にお立ち寄り下さいませ。