1ヶ月期間限定品 天使のいちごを使ったお亀堂の和菓子

1ヶ月期間限定品

天使のいちごを使ったお亀堂の和菓子

イチゴのこだわり

・農薬をとことん減らしています。
イチゴのビニールハウスでは、働き者のミツバチさんが一生懸命イチゴの花を受粉しています。ミツバチさんが働きやすいように、農薬をとことん減らしています。だから、安心・安全のイチゴができています。

 

・環境制御システム

均一の美味しいいちごを収穫できるように、ビニールハウスの温度管理、いちごの苗への水分供給など独自の制御システムを採用しています。そのため、お客様に美味しいいちごが提供できます。

  

・天使のいちご「エンジェルエイト」

本年より栽培を開始した豊橋産唯一の「天使のいちご」

数量の少ないいちごです。

熟すほど実は白くなり、種は赤くなる、やわらかいいちごです。

マシュマロイチゴとも言われています。

お亀堂ではチョコ大福と合わせて白と黒の美味しさを表しました。ぜひご賞味ください。

 

 

 

 

 

 

3/1動画再生回数日本一。花見団子の動画が各マスメディアに紹介されました。

3月1日の動画再生回数日本一

花見団子の動画が各マスメディアに紹介されました。

(※3月1日の24時間で350万回再生されました)

 

3月2日 中日新聞で紹介

   9日 テレビ朝日【スパーJチャンネル】で紹介

 10日 テレビ朝日【グッドモーニング】で紹介

 13日 CBCテレビ【グッドラック】で紹介

 14日 CBCテレビ【まるっと!サタデー】で紹介

 

●お亀堂のあん巻き太郎 Twitterの動画はこちら

https://twitter.com/okamedo_jp/status/1233895439738388480

●中日新聞の記事はこちら

https://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20200303/CK2020030302000027.html

 

●CBCテレビ【まるっと!サタデー】より

 

 

 

 

1月11日は鏡開きです。

1月11日は【鏡開き】

 

食べてこそ「鏡開き」

御供えしたお餅は神様が宿っているので刃物は使わずかなづち等で叩いて割って(鏡を開く)お雑煮やぜんざいなどで食べましょう。

 

硬くなったお餅は、水に濡らしてラッピングでまいて、レンジでチンすると柔らかくなります。

 

 

『鏡開きとは』

お正月の間、年神様の居場所になっているのが鏡餅年神様がいらっしゃる松の内の間は飾っておき松の内が過ぎたら下げて食べ、年神様をお送りします。

年神様の依り代(よりしろ)である鏡餅には年神様の魂が宿っているとされるため鏡餅を食べることでその力を授けてもらい、1年の家族の無病息災を願います。