1月11日は鏡開きです。

1月11日は【鏡開き】

 

食べてこそ「鏡開き」

御供えしたお餅は神様が宿っているので刃物は使わずかなづち等で叩いて割って(鏡を開く)お雑煮やぜんざいなどで食べましょう。

 

硬くなったお餅は、水に濡らしてラッピングでまいて、レンジでチンすると柔らかくなります。

 

 

『鏡開きとは』

お正月の間、年神様の居場所になっているのが鏡餅年神様がいらっしゃる松の内の間は飾っておき松の内が過ぎたら下げて食べ、年神様をお送りします。

年神様の依り代(よりしろ)である鏡餅には年神様の魂が宿っているとされるため鏡餅を食べることでその力を授けてもらい、1年の家族の無病息災を願います。